銀座ダイヤモンドシライシとはどんなブランドか

銀座ダイヤモンドシライシは日本初のブライダルジュエリー専門店として、1944年に創立されました。シンプルなデザインに、ダイヤモンドをあしらうことで、上品な雰囲気をもたせることから、多くのカップルの婚約指輪を作り上げた専門店です。

札幌でダイヤモンドの美しさを追求した婚約指輪を大切な人へ贈ろう

リング

様々なデザインを検討できる

銀座ダイヤモンドシライシの強みの1つは、多数あるデザインです。約200種類以上のデザインを照らし合わせながら、お客さんの好みのデザインや希望のデザインを専門のスタッフが共に探してくれます。また、その中にデザインを見つけることが出来ない場合は、セミ・フルオーダーを受け付けてくれるところも利点の1つといえるでしょう。

ハート

ダイヤモンドが選ばれる理由

婚約指輪などに多く利用される宝石として、ダイヤモンドはよく名前を聞きます。その理由は、中世ヨーロッパ時代で、王や騎士の守護石として用いられていました。王の権威が永遠に続いてくれる事を願い、「不変性」を表したダイヤモンドは、その意味を現在へと残しています。そのため、結婚指輪や婚約指輪にあしらうことで、その愛情を「不変」なものとしておくためと言われています。

カップル

アフターフォローもきちんとしてくれる

多くのブライダルジュエリー専門店では、購入後のアフターフォローも行なってくれます。サイズ直しやクリーニングはもちろんのこと、歪みなおしや艶消し加工なども行なってくれることがあります。婚約指輪は、色々とメンテナンスを行うのも大切なことです。また、専門店によって、行っているアフターフォローの内容も異なってきますので、問い合わせてみるのもいいかもしれません。

赤い糸

ダイヤモンドの中でも更に美しさを追求

札幌にあるブライダルジュエリーショップでは、「ラザールダイヤモンド」と呼ばれる王族に愛されるダイヤモンドを提供しています。奇跡のカッティングと言われるそのカット方法で、従来のダイヤモンドよりも、美しい輝きを放つことに成功したダイヤモンドで、お客さんの希望に添いながら、美しい婚約指輪を提供できるとされています。

ラザールダイヤモンドは100年以上前に生まれた

ダイヤモンドの中でも至高の輝きを見せると言われているラザールダイヤモンドですが、その誕生は100年以上前の1903年と言われています。米国鑑定機関の礎となったラザール・キャンプランは、「私の情熱をすべてダイヤモンドの最も美しく輝くために」と、その生涯をダイヤモンドに捧げたとも言われています。

不変性と変わらぬ愛を表現するために

中世では王の権威が変わることが無いことを祈って、不変性を表すダイヤモンドが使われていました。その思いは変わること無く現在に引き継がれ、その表現を「変わらぬ愛」を表現するために、使われるようになりました。幸せな道が続くことを願って、婚約指輪にダイヤモンドを埋め込む人は、これからも多くなっていくでしょう。